勤務形態に違いが出るきっかけ

気になるその全貌は?

資格を取った人たちの勤務体系について

看護士、弁護士、弁理士、国家公務員、地方公務員、医師、薬剤師、各種リハビリテーション療法士など、その資格がないとその職業に就くことができない独占資格はもちろんのこと、介護福祉士や介護職員初任者研修、看護助手など、その資格を持っていなくてもその業務に携わることができる資格の場合、同じ職場に有資格者と無資格者が一緒に働くことになります。
無資格者でも資格取得を目指している人はまた違うとは思いますが、雇用者も周囲の人も資格を持っているということはその業務に対して必要な知識や技術を兼ね備えているとみなし、その仕事に対して責任のある要職に就かせることが多いです。
つまり、資格を持っているとパートやアルバイト的な勤務形態ではなく、フルで働く勤務形態で働けるということ。
もちろん、生活スタイルによってフルな勤務体制で働くことのできない場合はパートやアルバイト的な勤務体系でも働くことは可能ですから、仕事の勤務体系に幅を持たせることができます。
シフト制での勤務がある場合、夜勤などの重要な時間帯も有資格者が勤務することが多いです。
介護などの職種ですと、夜勤の時間帯に急病人が出たり、病体が急変したりすることが多くあります。
そんな時無資格者ばかりで夜勤していては対応できないことも多いからです。
仕事に対して責任のある職に就きたい、フルな勤務体制で精一杯働きたい人はやはり資格を持っていたほうがどの職種でも有利なようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です