勤務形態に違いが出るきっかけ

気になるその全貌は?

再就職の際の職場選び

女性が男性のように定年を迎えるまで安定して仕事をできる仕事、というものはそんなに多くはないと思います。そもそも退職金といったものが出る企業、職種というものも限られています。また、女性の場合結婚や出産といった人生のターニングポイントで仕事を続けていくか、退職して家庭に入るかを選択しなくてはいけません。これには自分だけの権限で決めることができないという問題もあります。仮に仕事を続けていきたいと希望していても、結婚相手や周りの親戚などの意見に従わなくてはいけないこともあると思います。仕事を続けていくのは構わないが、子供が小さいうちだけは家庭に入ってほしいと言われることもあります。一旦仕事を辞めてしまった場合、復職するにあたり、何も資格を持っていないと、正直なところ現役で働いていたころよりは稼ぐことのできる金額は変わってきます。また、再就職には年齢的なものも関係してくるので条件がいいと思っても、応募資格のところではじかれていたりすることもあるのです。その点、看護師という仕事は女性が生涯続けていくことのできる安泰の仕事だと思っています。結婚、、出産を終えて看護師として仕事に再復帰する女性は、新たな職場をどのように決めるのでしょうか?自宅から近い、働き方が選べる、など家族のことも考えた選び方になるかもしれません。しかし、同じ勤務形態であっても、勤める病院や施設によっては給料にかなりの差があります。
悩んだ時はこちらのサイトを参考にしてみてはどうでしょうか?
働く女性の勤務形態レポート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です