勤務形態に違いが出るきっかけ

気になるその全貌は?

さまざま勤務形態

勤務形態とは日勤、夜勤や非常勤などを指します。日勤や夜勤は医療関係や製造業に多いでしょう。そして、非常勤は教師に多く見かけます。
医療関係に夜勤があるのは、夜に体調を崩す人もいるからです。突然夜中に体調を崩した時に、夜だからといって医者がいないと命に関わってしまう場合があります。人の命に関わるお仕事は24時間365日休むことがありません。ですから、交代勤務という特殊な勤務形態で交代で働きます。製造業も24時間装置が稼働し続ける工場があります。24時間操業している工場でも交代勤務となります。交代勤務は2交代か3交代になります。交代勤務になると土日が休みになるとは限らなくなります。周りの人と休みが合わなくなってしまうので、注意が必要となる場合があります。交代勤務の他に非常勤という勤務形態もあります。非常勤は産休や育休で長期間休んでいる人の穴埋めとして勤務する場合が多い勤務形態です。一般の企業であればあまり無いことでしょうけど、ギリギリの人数でお仕事をしている教師の場合は誰か一人でも抜けたら大変なことになります。それでも、産休や育休、病気で長期間休まなければならない人も出てくるわけですから、非常勤の先生がフォローするわけです。非常勤の先生は休んでいた先生が復帰すると契約終了になってしまいます。非常勤の先生は一度契約が終わると次にいつ契約できるかわからない恐さがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です